ジュースクレンズとは

ジュースクレンズとは固形の食べ物を一定期間摂らないことで胃腸などの消化器官や肝臓や腎臓を休ませ、体内の老廃物をデトックス(解毒)させる方法の一つです。

 

ダイエットとしてだけでなく、添加物やカフェインを普段摂り過ぎていると感じている人にもおすすめです。

 

食物を摂らない期間は消化の負担が少ない液体である野菜・果物ジュースを飲み、栄養不足を回避します。

 

ジュースクレンズに使用されるジュースはコールドプレスという特殊なジューサーで、従来のジューサーでは摩擦熱により失われていたビタミンや酵素がそのまま残った状態でジュースにできるというものです。

 

そのコールドプレスジューサーで無添加・オーガニックの野菜や果物をジュースにしたものを1日に6〜12杯ほど飲みます。

 

ジュースクレンズは断食の理論から派生したものですが、たんぱく質やビタミン、ミネラルや酵素をジュースから摂取できますので、栄養を補充しながら内臓を休ませることができるのです。

 

期間は1日から長くても3日までです。

 

1日の場合は月1回ペースで行って良いですが、3日間行う場合は半年〜1年に一度というペースがおすすめです。

 

あまり頻繁に行うと必要なエネルギー不足になり体のバランスが崩れてしまうこともあるので注意が必要です。

 


注意しなければいけないこと

このようにダイエットやデトックス効果があり、体の機能をリセットするジュースクレンズですが、注意しなければいけない点もあります。

 

それは、野菜や果物で栄養補給はできているとはいえ通常の食事に比べると摂取エネルギーが格段に少なくなります。

 

そのため血糖不足で頭がぼーっとすることがあります。

 

また、集中力の低下を感じることもありますので、あまり忙しく動かなければいけない日にはしない方が好ましいです。

 

激しい運動も適さないので、運動をするとすればゆったりしたウォーキングやストレッチ、軽いヨガが好ましいです。
また、妊娠中や授乳中や通常以上のエネルギーや栄養を必要としますので、妊婦さんや授乳中の方ははしてはいけません。

 

標準よりもかなり痩せている人(脂肪が少ない人)にも適さず、持病がある人はお医者さんへの相談が必要となります。

 

また、生理前や生理中はホルモンバランスが乱れやすく、自律神経も不安定になりやすいため、この時期は避けた方が良いです。

 

このように行うタイミングが大切なジュースクレンズですが、デトックスされることで味覚などの感覚が鋭敏になるなど、その効果は大きなものがありますので、ぜひ適正な方法で高い効果を得てほしいと思います。